【レポート】[2024/03/16]ミツマタ香る森林セラピー&ハイキング 〜森林セラピーガイドと行くミツマタ鑑賞ハイキング〜

柏木林道ミツマタ群生地

2024年3月16日(土)に「森林セラピーガイドと歩くミツマタ香るハイキング」を開催しまし
た。
第二弾の今回は、フォレストブレイクで森の静寂を味わい、ヤビツ峠までの入門ハイキングで早春の柏
木林道を散策。ミツマタの群生地やネコノメソウ、スミレなどスプリングエフェメラルを探しながら、
森林浴とハイキングを満喫しました。

9:30、桜が見頃の大日堂からスタート。
集合場所にはバスやランニングで参加される方もいらっしゃいました。
五感の中で唯一脳にダイレクトに伝わるのが嗅覚。葉っぱやお花の香りで嗅覚を開き、森林の香りを深
呼吸。カヤ、コクサギ、ユズ、カキドオシなどたくさんの植物の香りに癒されました。

蓑毛大日堂

渓流沿いを歩きながら、川音や鳥の声に耳を澄ませ、目を閉じて自然の音を感じます。
「1/f のゆらぎ」と呼ばれる予測できない変化や動きは、心身のリラックス効果をもたらします。生き
物は規則的な運動ができないと言われており、私たちの心音や血液の流れも「ゆらぎ」です。葉っぱや
木々の揺れ、川のせせらぎをただ眺めているだけで心が落ち着くのは、自分と自然の一体化を感じられ
るからでしょう。

金目川渓流沿いを歩く

スギ、ヒノキの針葉樹エリアでは、フィトンチッドの効果で空気感が違うことに、皆さんすぐに気づき
ました。フィトンチッドは、植物が身を守るために発散するバリアで、抗菌・リラックス・免疫力アッ
プの効果があるとされています。
そんなフィトンチッドあふれる森の中で、自分をととのえる時間を過ごしてもらいました。

木に寄りかかって座る方、寝転んで体全体を森に委ねる方、様々ですが、ここでは静かに過ごします。
リラックス後は春嶽湧水でティータイム。
秦野市は名水百選で全国1位に選ばれたほど、地下水が豊富で湧水もたくさんあります。軟水の春嶽湧
水で淹れたお茶やコーヒーは格別です。

喉を潤して、いざミツマタ群生地へ。
今年は冷え込みが厳しく開花が遅れましたが、黄色いポンポンと甘い香りに皆さん夢中に。写真タイム
を楽しみました。

そしてここからは、ヤビツ峠を目指して林道を登ります。歩き方のコツや山歩きのルールを学び、眼下
に広がる景色を眺めながらゴールを目指しました。
13:00ヤビツ峠レストハウスに到着し、名物の丹沢ロイヤルカレーを堪能。


風や光を感じられた、心地よい疲れ、ゆったりした時間でリフレッシュできた、季節ならではのお花に
出会えたなど、参加者の皆様からたくさんの感想をいただきました。
ご参加の皆様どうもありがとうございました。
普段の生活でも森林浴の五感の使い方を取り入れて、心身をととのえてもらえたら嬉しいです。

もくじ

次回のイベント

あわせて読みたい
[2024/06/29]標高700mの森林浴 森林セラピーガイドと歩く「岳ノ台」ハイキング 表丹沢の登山のスタートとして、またサイクリストのヒルクライムのゴール地点でもあるヤビツ峠(標高761m)から岳ノ台(標高899m)を目指し、森林セラピーガイドが案内...
柏木林道ミツマタ群生地

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ